糖尿病の初期症状を押さえて健康になろう!

2人の医師

適した抗体を見つけるため

病院

体に入ってきたウイルスなどの抗原は、抗体によって撃退されます。免疫沈降は、この抗体を発見するためにおこなわれています。抗原の特定が困難な膠原病患者などの血液を採取し、そこに様々な抗体を入れると、抗原と結合したものが沈降するのです。膠原病を効率良く治すことが可能になるため、免疫沈降は期待されています。

View Detail

日本人に多い成人病

医者

糖尿病という名前を聞くと、生活習慣病というイメージが大きいです。糖尿病には何種類かあり、1型糖尿病と2型糖尿病に分かれます。1型では、自己免疫疾患などが原因となり、膵臓でインスリンを作れなくなります。子どもや若年者での発症が多いです。継続的なインスリン投与が必要となります。その他の特定の原因によるものと、妊娠糖尿病もあります。2型糖尿病は日本人が一番かかりやすい糖尿病で、ほとんどの糖尿病患者がこの2型となっています。症状として、膵臓で作られるインスリンの量が不十分になり発症することが多いです。また、運動不足や高脂肪食、肥満などの生活習慣や、メタボリックシンドロームになるとなりやすいと言われています。

初期のうちは自覚症状が殆どないため、健康診断で発見されることが多いです。血糖値が少し高いくらいでは症状も感じず、自覚症状に乏しい疾患ですが、症状が出てきた場合はかなり進行した状態のこともあります。ます、異常なのどの渇きが起きて、水分をたくさん飲むようになります。それによって尿の量が多くなり、トイレの回数が増えます。また、正常な場合は体内で吸収されるはずのブドウ糖が、尿に混じって体外に排出されるため、空腹感をよく感じるようになります。そうした糖尿病で一番の問題は、合併症が起こる可能性が高くなることです。治療を行い症状をコントロールすることで予防します。その他にも予備軍として境界型というのがあったり、かくれ糖尿病と言われるものもあります。

身体の不調を探ろう

カウンセリング

現在の内科は症状に応じて他の診療科に紹介するケースも多く、医療の総合窓口として機能しています。新宿には隙間時間に受診しやすい内科が数多く見られ、不調にもすぐに対応してもらうことが可能です。症状によっては、時間的なロスを減らすためにも直接専門の診療科を受診するのがベストです。

View Detail

さまざまな原因

男性

睡眠時無呼吸症候群は、最悪の場合死んでしまう怖いものです。睡眠時無呼吸症候群の疑いがある方は、お早めに検査を受けることをおすすめします。また、肥満や鼻炎を改善することで、睡眠時無呼吸症候群の予防に繋がります。

View Detail