糖尿病の初期症状を押さえて健康になろう!

女性

さまざまな原因

男性

なりやすいのは

睡眠時無呼吸症候群とは、文字通り睡眠時に無呼吸になってしまう症状のことをいいます。睡眠時無呼吸症候群になりやすい傾向にあるのは、肥満の方やあごが小さい方、扁桃腺肥大の方などです。また、アレルギー性鼻炎などで鼻が詰まり、口呼吸になってしまっている方や、閉経後で女性ホルモンが乱れてしまっている方もなりやすいと推測されています。肥満の方は、気道の周りなどにも脂肪がついており、気道が狭くなってしまっています。ですから、ダイエットを行ったほうが良いといえます。鼻炎や扁桃腺肥大がある方は、病院で治療を行うことで睡眠時無呼吸症候群へのリスクを減らすことができるでしょう。また、寝る直前に食事をすることで横になったときに気道が狭くなってしまうと報告されています。

内科などで

睡眠時の症状であることから、睡眠時無呼吸症候群になってしまっているか否かは、自分ではわからないことが多いです。しかし、睡眠時無呼吸症候群でそのまま亡くなる方もおられます。昼間に眠気が酷く、もしかしたら睡眠時無呼吸症候群かもしれないという方もおられるのではないでしょうか。取り返しがつかなくなる前に、検査することを推奨します。睡眠時無呼吸症候群の検査は、内科や耳鼻科などで受けることができます。大抵、一泊の入院で検査を行う場合が多いようです。睡眠時無呼吸症候群の検査が行われている病院は、インターネットでも簡単に見つけることができます。睡眠時無呼吸症候群にならないように予防することも、大変重要となります。