糖尿病の初期症状を押さえて健康になろう!

女性

身体の不調を探ろう

カウンセリング

総合診療を行います

最近の内科は、総合診療の役割を担うのが特徴です。実施、病院によっては総合診療科という名称で内科的な診察をすることもあります。内科医は患者の症状から、疑われる病気をある程度絞り込み、必要な検査を行うことが多いです。明らかに外科的な治療を必要とする場合は、そのまま外科に紹介するケースも見られます。内科は患者側からすると、一番受診しやすい診療科です。内科の受診で大きな病気が見つかることも多く、気軽にかかれることが重視されます。こうしたことから、新宿などの人が集まる場所には、内科が次々と開設されている状況です。新宿の場合は、ビルやショッピング施設内の病院が目立ちます。隙間時間にも利用出来るのが、新宿の内科のメリットです。

専門診療の必要を考えます

漠然とした体の痛みや不快感、疲労感などは、本人が原因を特定できないケースが大半です。病気によっては放散痛などが生じることもあり、腹部や胸の症状は素人判断がしにくいと言えます。このような症状は、新宿にあるような受診しやすい内科を利用するのが最善の策です。一方、不正出血や乳房の違和感、皮膚の異常などは、素人でもある程度病気の原因がイメージ出来ます。このような症状がある場合は、直接専門の診療科を受診するのがベストです。待ち時間の長い内科や遠隔地にある内科を受診する場合は、特に時間的なロスが問題になります。病気によっては一刻を争うことがありますので、その都度適切な判断をすることが大切です。専門の診療科では当日のうちに診断がつくことがあり、不安や不快感も早く解消します。